×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  Topページへ 
  


 
耕して十年

   健やかに共に耕す幸せを語りつつ今日も畑にいそしむ

   穫り入れのたのみのうすきも種を蒔く芽吹くよろこび知りたる二人

   畑作り楽しむ夫に気負ひなく覚めて働き疲れて眠る

   猟銃肩にわが畠よぎる男ありて視線合はすも黙して行けり

   縦横に人参畑荒らしたるもぐら死にをり水槽に落ちて

   なめんなよひとりふざけて茄子なめる天とう虫をいくつか潰す

   雨降りて人影もなき山畑に灯ともす如くトマト熟れをり

   見返りを求めぬ陽光あまねきに我が畑作り結果をいそぐ

   照り降りの不足言ひたること忘れトマトの重み掌に受けて?ぐ

   天地の恵み凝りたるつくね芋夫と汗して丁寧に掘る

   夕さりて時雨るる畑に植え急ぐ折菜冷たしくきくきと鳴る

   抜きたての折れ大根の皮むきて鍬持つ夫の口に運びぬ

   ふれてみる鋭き刺も小気味良し薊の頭花ぬきんでて咲く

   通り雨上がりてしずく樹の陰に著莪ひとときの夕映に会ふ

   神供米作ると伝ふ車田は五月の風に早苗さゆらぐ

   照り分けて夕陽明るき峽の田にはつはつとして走り穂が見ゆ

   古稀われの省みらるる野も山も命豊かに実る季来ぬ                                     

目次へ Topページへ

  家族とともに

   紫蘇もみて染みし両の手宙におきわが仕種みる嫁は素直に

   十六夜の月の出見ませと呼びくれし嫁と並びて仰ぐ秋空

   いつしかに構へも失せてわれと嫁の自然のままの冬日安けし

   二十余年を共に住む嫁古稀祝い類語大辞典を購ひくれぬ

   漬梅を喜ぶ末嫁浮かべつつ多目に買ひぬ朝市に来て

    低血圧の頭痛に悩むわがために昼風呂たててすすめくるる嫁

   娘には教へる時も無きままに我が家の味は嫁つぎくるる

目次へ Topページへ

  追 憶

   きさらぎの母の忌の日のうすら陽に甘ゆる思ひの身を浸しをり

   つかの間の冬至の陽射し身に受けて疾く過ぎゆきし一とせ惜しむ

    母さんと呼べと言ひたる少年の兄も逝きたり継母に看取られて 

   胸張りてスキーをはける写しえの兄少年のまま六十年を経ぬ

   病みてわが生めざりし子の幸せに生れかわれよと幸生と名付く

   自らの分わきまえて生きたりと小春の光穏しき浴む

   インク切れしペンを休めてスペアなきわが残生の刻を思ひぬ

   しらしらと光るは霜か月光か眠らぬ庭は夜半を耀う

   親のために雪の野麦も越えしとふ若者今はスキーに出でゆく

   冬の日の天気予報に執しをり明日あることを疑はずして

   欲求のひとつふたつを整理して古稀と向き合ふ平穏得むか

   雪深き飛騨人われに鮮らし花咲く伊豆の春の光は

   山法師春山被いて咲き乱る旱魃耐えたる種の自衛とぞ

   七曲りの峡は新緑飛騨川の多彩の橋は川面に映ゆる

目次へ Topページへ

   

    満月の上りて冬空明るしと独居の友に電話をかけぬ

    わが孫に赤きリュックを買ひくれし友は一生を嫁がず終わりき

    お六櫛をくれたる友は独り生き苦死なき彼岸にはや旅立てり

    わが孫の挨拶するをよろこびし子の無き友の静かな笑顔

    うすら陽の一枝にさくらの返り花老いの眼こらす命なりけり

    奥飛騨へ身心休めにおいでんさい神戸の友に書く夏便り

    春に会ふ隣り畑の老媼の呆けしかと思ふ打消して思ふ

目次へ Topページへ

  道分灯篭

    わが里の道分灯篭に刻まれて和歌は讃ふる飛騨の山々

    江戸街道の名残り道分灯篭は灯すことなく時雨に濡るる

            
註 行列の見事乗鞍かさが岳やりさえ高くふれる白雪
              天保壬辰春三月 一三八
                           菊田 秋宜

目次へ Topページへ

 七十路を越えて

    つつがなく亡母の齢の倍生きて生かされて今日古稀を迎ふる

    空となり無となり写す般若心経心新たに卯年寿ぐ

    納め護摩の寺庭に仰ぐ冬空に澄みて浄らな十六夜の月

    小雪舞ふお大師の日に夫と来て墓所納めの雪囲ひしぬ

    山門の影もしるけき初灯り修正会の心経雪野流るる

    大歳の夜を一人聞くイムジン河の調べは胸に沁み透るなり

    大祖母の慈悲の心を息子らが受けつぎくくる三十三回忌

    老いの日の哀しみ歓び記し来し日記の干支は再び巡り来

    古稀前の免許更新五年受く新世紀まで生きて乗らむか

    親しみて尺八を奏く夫なり今日の体調測りつつ聞く

    よき音と尺八ほむる吾がありて無欲の夫の今朝を足るらし

    年の瀬を包丁五本研ぎくれて再び夫の謡ふ声する

    夫の奏く尺八の音は月明かりの庭を流るる満州戦車隊の歌

    消灯ラッパの調べに終わるハーモニカ満州偲ぶか夫のきさらぎ

    老人でないから無しよプレゼント娘の逆説に我が意を得たり

    年よりじゃないよと二人の敬老日 雨間惜しみてかぶら種蒔く

    わらび採りに夫とわけ入る初夏の山姿見えねば呼び交しつつ

目次へ Topページへ

  低山を歩く

    衰ふる吾と伸びくる孫の力接する今を登る低山

    山下りて出湯に浸るもコースにて子ら露天風呂夫は打たせ湯

    戦時中の果たせざる夢子に依りて山に登るを楽しみとしぬ

    乗鞍の雲の上流るる即興曲奏者聴衆溶岩に座す

    乗鞍の風に浮きつつ秋茜朱の色淡くわがめぐり飛ぶ

    乗鞍のエコーラインを下りゆき高天ヶ原の夏を楽しむ

    秋深む飛越奥処の有峰湖十二戸沈めて青き静けさ

    飛越境の谷間に空を切り写す有峰ダム湖の水面美わし

    人口制限逃亡さえも叶はざる国境十二戸ダム湖は抱く

    老兄弟が熊飯食みて語り合ふダムに沈みしふるさとの秋

    晴れ渡るスカイラインは霜枯れて間近く迫る富士の全容

    初春の富士背景の一葉に喜寿なる夫がわが肩を抱く

    箱根駅伝のロードドライブわが夢を叶えくれたる夫に謝しつつ

目次へ Topページへ

  不覚にも

    訪れし庭の小犬に戯れつかれ転倒われのまさかの骨折

    失ふは珍しからずも背骨折る古稀の不覚に己れ失ふ

    ゆるやかに下るを願いし老いの坂背骨を折りて谷底を見き

    したたかに転びて口惜しポストまでの浮かれし吾を我が知る故に

    存続を問われて久し国立療養所もみじ大樹の丘に古りゆく

    マリーローランサンの色調に似る信濃路のやさしき紅葉に和みて帰る

    融雪設備のセールス青年わが門に肩を落として空を見てをり

    リハビリ室の負のエネルギーになじみなき付き添ひわれがいたく疲れぬ

    夕暮れの診察室より若き医師出てきたりけり口笛吹きて

    レントゲンを待ちつつしばし白壁に飛蚊症の眼を遊ばせてをり

    脳挫傷の義姉よ覚めよと枕辺に飛騨の民謡今日も流しあり

目次へ Topページへ

  すぎゆきの旅

    朔太郎文明花袋三鬼才の頌碑の空に寒鴉啼く

    さくら花所見散行の一人とてけふ高遠にわれは来りぬ

    六文銭を分ちて真田家守りしを佐久の別れの絵図は語りき

    広重の絵に画かれて参宮犬 平成の代を尚も歩みて

    浅倉の氏族の興亡見しならむ石佛の眼は風化しながら

    芭蕉道を辿りてわれの旅終る満ちてみちのく空ゆ見さくる

    みちのくは眼下に暮れて残照の薄蒼き空を桟は帰りゆく

    さいはての夜空に赤き点となる最終便はいづこに向ふ

目次へ Topページへ

  ある日 あるとき

    捩花の直に伸び咲く夏盛り与野党ねじれの参院戦暑し

    異和もなく小泉さんと歌人万智熱く平易に改革語る

    重文の旧家に集ふ処暑の宵蝋の灯かげに名笛を聴く

    雨もよひの土間いづくに鳴く虫かリズム保ちて横笛に和す

    名人父子鷹の巣立ちの相剋を火花散るごと演じ果てたり

    太古より今に生きつぐ銀杏樹の雌雄定かに乱れあらずや

    引く糸のあるやなしやに鬼ぐもは飛行巧みに夕風に乗る

    あかときのはつか聞きたるかなかなの一声にして後なきはさぶし

    須臾の間をさくら嫩葉のくれなゐは花の宴の余韻ならむや

    七曲りの谷に沿いたる茶畠に芽吹きを誘ふ川霧動く

    乳白色の靄に溶け合ふ虹の色飛騨路に兆す春の朝明

    読み疲れ出でたる庭に文字摺りの今しかないと紅よじり咲く

    盗まれてその価値知られし円空像知らぬが佛と笑まひて在す

    みちのくゆ戻り給える円空さま捉はれのなき笑まひたたえて

    里山も国営農地と生まれ変わり今年限りのコスモスなびく

目次へ Topページへ

  

    おぼろなる月の光になづさいて庭の桜木夜半を咲き満つ

    わが佇てる卯月の庭のセレナーデ月も桜もともに満ちたり

    赤信号が濡るる路上に艶めきて雨暖かき春宵祭り

    献灯に掲げる傘のさくら紋濡れて静かな宵祭なる

    新調の裃着けし祭り朝蛇の目の傘を持たせて出しぬ

    孫は曳き息子は警固の灯をかざす夜祭屋台今動き初む

    屋台曳く男の孫天領高山の山王氏子七代目なる

    坂の上より見返る屋台の灯がゆれて逝く秋寂し蒼き月照る

目次へ Topページへ

 かがり火まつり

   村挙げて鎮守に集ふ秋祭り子供も老いも一役持ちて

   頭だけの獅子を舞はせて老い人は体が憶えておると笑みたり

   御岳の真闇に今しかがり火は血の色なして音に燃え立つ

   村おこしの願いをこめて村人のかざす松明白竜の舞

目次へ Topページへ