×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

入選作品 Topページへ NHK大会   中日短歌会



 与謝野晶子短歌文学賞 入選 秀逸

      除夜の鐘雪野を流れ去年今年ひたひたと去りしんしんと来る




 
熱田神宮献詠 

    平成十四年 佳作

      新任教師のわがためにセルの着物解き養母は洋服手縫い給ひき


    平成十五年 佳作

      神供米作る車田水清く輪をかく早苗風にさゆらく




 
NHK大会

   NHK松江大会 秀作 北尾勲先生

      ででっぽうぼく空腹と啼く鳩は豆の降る夢雪空に見た

   NHK全国大会 秀作 春日井建先生

      冷えこめば味もよかれと短か日を峡の流れに赤かぶ洗う

   NHK中部大会 佳作 春日井建先生

     皆勤賞受けつつわれの面映ゆし和菓子講座の最年長にして


   NHK中部大会 佳作 春日井建先生

     夫と子は姿勢正して連管す新春の息吹家内に満ちて


   NHK中部大会 秀作 小瀬洋喜先生

     ものわかり良き親をなしいる息子かな父子激論の安保遙けし


     親の手のぬくもり残る古桶にわれ老いつつ柿渋を刷く

   NHK中部大会 佳作 小瀬洋喜先生

     通り雨上がりてしずく木の陰に著莪ひとときの夕映に会ふ

   NHK松本大会 佳作

     母さんと呼べよと言いし少年の兄は逝きたり養母に看取られて

   NHK富山大会 佳作

     炎暑暮れ山の端出る満月の朱の色深し今宵原爆忌

   NHK地方大会 入選 

     学童の木椀に配りし脱脂ミルクに飢え満たされぬ教師のわれも

     夕暮の診療室より若き医師出でて来にけり口笛吹きて

     照り分けて夕陽明るき峡の田にはつはつとして走り穂が見ゆ

     花えらぶ我と農具に執する夫が牽制し合いてホームセンターにあり

     陽は射せど木枯らし吹けどダム底に見え来し村の息吹くことなし

     末の子の卒業赤飯食みくれて売薬さんは廃業を告ぐ

     湯浴みする新生児己れの指を吸う愛の芽生えが光りを放つ
                                                                    戻る



 
中日短歌会 秀歌

     とうまくんてやさしいんだよと孫の言ふ官舎の庭に幼き社会

     たそがれて失ふものを数ふがに薬の包み仕分けしてをり

     一線を画すと心決めしとき丁重にもの言ふわれが在りたり

      胸に生るる矛盾をなだめ時かけて飼いならしゆく老いと言ふもの

      曲の名は知らね夫奏く竹の音に今日の体調測りつつ聞く

     リハビリ室の負のエネルギー重くして付添ふわれがいたく疲るる

     どて南瓜に日ぐすりと書く絵手紙が背骨折りたる我を慰む

     車曳きが文エ衛門坂を駆けて来る裁着け姿に茶髪ゆらして

     寒明けて老いの暮らしも動き初む手作り味噌の案内が来て

     立ち読みをする受験子の背が見せる逃避しばしのコンビニ更くる

     したたかに転びて口惜しポストまでの浮かれしわれを我が知る故に

     頑なになりゆくわれと認めし夜を戻らぬ言葉一人にれがむ

     母の忌の如月ぬくき日溜りに甘ゆる思ひの身を浸しをり

     灯の下に団居ふ家族の姿見ゆ盆の山家は開け放たれて                


                                                                     戻る